歴史的マレ地区の中心

ホテルのあるシモン・ルフラン通りは1000年から存在し、ホテルの建物は18世紀に建てられました。昔ながらの魅力をたたえたその建物は、その伝統美を残しつつリニューアルされました。むき出しの梁や石壁、丸天井のカーヴ、古井戸、緑豊かな中庭。
マレ地区は非常に古くからある湿地で、中世から修道会が存在していました。17世紀にヴォージュ広場が建設されると、パリの貴族たちの生活の場となりました。こうして彼らの邸宅が次々と建てられていったのです。20世紀に再開発されたマレは、その魅力と個性で多くのビジターたちを魅了する地区となりました。
ホテル・ボブールのすぐ近くにパリのすべてがあります

観光に便利なロケーション

中心街にあって、パリ観光に理想的なロケーション:歴史的なマレ地区の中心にあるホテル・ボブールは、パリ右岸、4区に位置します。昔ながらの建物、石畳の道、ブティックや美術館・・・その近くには現代美術のポンピドゥーセンター、かつてパリの市場でもうすぐパリの現代建築の花形となるレ・アールがあります。さらにピカソ美術館や、美しい庭のある貴族の館も数多くあります。さらにその先には、説明不要のノートル・ダム大聖堂やルーヴル美術館、シックなブティックや歴史的なレストラン、伝説のバーが並ぶカルチエ・ラタンもあります。ホテル・ボブールは「光の街」パリを訪れ、その建築や文化、モードを満喫するのに理想的なロケーションです。

ジョルジュ・ポンピドゥーセンター(ボブール)

「これはモノマネの建物です。テクノロジーのパロディなのです」と、ポンピドゥーセンターの建築家レンゾ・ピアノは言いました。その見た目は、精製所みたいだという人もいれば、空港ターミナルみたいだという人もいます。外観は賛否両論でも、その内部を批判する人はいないでしょう。世界の現代美術の粋が一堂に会しています。 www.centrepompidou.fr

ヴォージュ広場

パリで最も古い広場の一つで、無限の魅力を秘めた場所。四角い形に設計され17世紀に建設されたこの広場は、大きな窓とスレートぶきの屋根が特徴の煉瓦造りの建物に囲まれています。現在は芝生の上にベビーカーとボールがひしめき、この場所に魅了された地元のパリジャンと観光客が集まる場所となっています。

ピカソ美術館

非常に美しいマレの館にあるこの美術館には、世界で最も充実したピカソのコレクションの一つが収蔵されています:絵画200点、彫刻150点、陶器80点、デッサンと版画3000点以上…www.musee-picasso.fr

カルナヴァレ美術館

パリの歴史のすべてがここにあります。カルナヴァレ博物館は本質的に歴史的。ノートル・ダム大聖堂前広場の地下遺跡やカタコンブと同じです。…www.carnavalet.paris.fr

サン・トゥスタッシュ教会

ルイ14世が洗礼を受け、コルベールが埋葬された教会。その大きさから、長い間王家の教会と考えられてきました。かつて「パリの胃袋」であったレ・アールの中心にあるこの教会はぜひ訪れたい場所です。

カルチエ・ラタン

中世の昔から世界中でその名を知られるカルチエ・ラタンは、その心臓であるソルボンヌ大学のリズムに合わせて生きています。サルトルやボーヴォワールが通った伝説のカフェ・ドゥ・フロールに行けば、モニュメントと大学、図書館に囲まれたこの地区が放つ大きな魅力を実感することでしょう。オートクチュールのメゾンやおしゃれなブティック、サンジェルマン・デプレはモードのメッカです。骨董商やギャラリー、モードのブティックをぜひ訪れてください。

ルーヴル美術館

お城であり、王宮であり、類まれなる美術館であるルーヴルは、すべての人の注目を集めています。歴史愛好家、芸術を愛する人・・・美しいチュイルリー公園とサンジェルマン・オセロワ教会、セーヌ河岸に囲まれた場所に、ヨーロッパで最も大きい王宮の一つ、そしておそらく世界で最も充実した美術館の一つがあります。壮大な中庭、そしてカフェ・マルリーから眺めるガラスのピラミッド・・・ミッテランが手がけた一大事業の成果をご覧ください。 www.louvre.fr

リヴォリ通りからデパート街まで

ルーヴル美術館を出て、かの有名なリヴォリ通りのアーケードを眺め、20世紀初頭の面影を残すサロン・ド・テ、アンジェリーナでモンブランを味わったら、コンコルド広場とシャンゼリゼ大通りへ…パリで最も美しいパースペクティブの一つを満喫することができます。オペラ・ガルニエの黄金のドームに向かって続くオペラ大通りは、パリで最もパリらしいと言えるデパート街にたどりつくまでの序章です。昔ながらのモザイクが美しいプランタン、そして、「パーソナル・ショッパーズ」サービスのギャラリー・ラファイエット。パリのシックの殿堂へようこそ。

セーヌ河岸からノートル・ダム大聖堂まで

もう一つの行き方:ルーヴル美術館を出て、ロマンティックに橋と彫像に彩られたセーヌ河岸をそぞろ歩きましょう。静かに流れるこの川沿いには、さまざまな建物が建築史をなぞるように立ち並び、サン・ルイ島やシテ島、古本商、花市もあります。そのすぐ近くには、ゴシック建築の至宝、ノートル・ダム大聖堂のガーゴイル(怪獣をかたどった雨水の吐水口)が見えます。

Login Form
Register Form